Menu

初めての方へ

Home

もうだめなんだ、良くならない。そんな風に決め付けていませんか?

痛みでお悩みのあなたは、今までにどのくらい長い間、施術院に通われていましたか?
腰が痛いのに、整形外科の先生にレントゲン検査で「骨には異常なし」と言われて、困っていませんか?


痛みの原因は、筋肉・骨格のアンバランスな状態が原因なのかもしれません。
筋肉はレントゲンには映りません。関節の歪みも、寝た姿勢でのレントゲン撮影では見えてこない部分があります。

今、どのような痛みがありますか?

腰痛の男性

痛い、動けない、治らない。そこには当然"原因"があります。

腰、首、ひざ、肩など人により様々な症状がありますが、これはほぼ"脊柱"からくるもの。つまり、背骨や骨盤の歪み(サブラクセーション)からくるものなのです。

骨盤は人間が二足歩行に欠かせない「バランスを保つ」ために非常に重要な部分。なおかつ、腰椎・脊柱・頭蓋骨までを支える"基礎土台"になる部分です。

どうして骨盤がゆがむの?

骨盤の歪み(サブラクセーション)の原因には、怪我や長期にわたる不良姿勢、無理なスポーツ、日常生活での癖のある姿勢などがあります。これらの問題によって骨盤の歪みが起こり、骨格全体がバランスを失います。
これにより筋肉や欠陥、神経などに影響を与え、身体中のいろいろな症状の根本的な原因を作ってしまうのです。

整形外科での治療と手術

カルテと聴診器

例えば腰痛で整形外科に行くと、通常の場合はヘルニアや脊柱管狭窄症、骨に異常がない場合は痛み止めや胃腸薬、シップなどが処方されます。

症状がひどい場合にはブロック注射もありますが、1年以上通院するということも少なくありません。最終的には手術がすすめられる事もあります。これには悩みや大きな不安も生じます。また、医療であっても100%治るという保障はありません。
そこで、手術を受けられる前に是非一度、当院の施術を受けられるのはいかがでしょうか。これまでに、光明を得られた方も数多くいらっしゃいます。

もちろん、どの方法でも快方に向かっていくのであればそれが一番良いものです。ただし、同じ手法で一進一退を繰り返しているようであれば、少しずつ症状の悪化につながってしまうかもしれません。根本的な部分を見直し、まずは基礎土台を固めてから身体のバランスを整えていく事が大切です。

かんのでは、ボキボキ音のする治療を主としておりません。

近年、乱暴にも見える治療を受けて症状が悪化しているケースもよく耳にします。
当院ではボキボキ音のするような治療を主としておりません。
なぜ痛くなったのか、根本的な原因の追究と歪んだ骨盤を整えること。
少々時間がかかっても、きちんと「ぶり返さなくなるまで」改善を目指すことが肝心です。
あなたが健康で笑顔になってもらうために、全力でお手伝いをさせて頂きます。